ルチルとは

ルチルとは、日本語で言うと金鉱石のことをいい、二酸化チタンの結晶のひとつである。
ルチルは結晶であり、正方晶系の鉱物のことである。 ルチル(金鉱石)と同様の組成式で表される鉱物に鋭錐石(アナテース)、板チタン石(ブルカイト)がある。
ルチルはラテン語の「rutils」(金紅色)に由来している。 ルチルはチタンに重要な鉱石鉱物である。 ルチルが取れる場所として、火成岩や変成岩などに多く取れる。 ルチルはチタンの製造の為に使われたり、宝石などにも多く使用される。 ルチルの屈折率はダイヤモンドに上回るが、てんねんからとれるルチル自体は透明ではない。

ルチルは1948年から生産が開始されたという。 ルチルの中で無色で透明なものはティタニアという名でダイヤモンドの代用として使われたりする。
ルチルは最近ロック・クリスタルなどに含まれている金色で加賀谷いでいる物がよく知られている。 TiO2の化学式で構成される二酸化チタンの化合物である。 ダイヤモンドよりも屈折率が高く、ファイア効果が期待できるが、ルチア自体透明でないため効果が現れない。 ルチルは大きめの宝石向けの大きさがあまり産出されないため、宝石としてあまり扱われていない。